【うつ病を早期発見】クリニックで診断を受けてみよう

うつ病は正しく治そう

看護師

病院選びの重要ポイント

うつ病は誰もがかかる可能性のある疾患です。気分の落ち込みやイライラなどから始まるため、疲れやちょっとしたストレスによるものだと考えて病院に行くタイミングを逃してしまい、自覚して医師に相談しようと決断するころには、かなり悪くなっていることが多いものです。体にもさまざまな影響を与えますが、心にあらわれる症状もさまざまで、最終的には死にたいとまでに思い詰めることもあります。気になる症状が続く場合は、早めに病院を受診しましょう。自覚している症状がうつ病なのかどうかの診断は専門医にしかできません。体の病気と同様、うつ病も治療の開始が遅れれば遅れるほど治すのが難しくなるので、気になる症状があらわれたら、早めに医師に相談することが大切です。病院に行くことを決心した場合、次に迷うのが病院選びです。どのような基準で選べば良いのでしょうか。うつ病の診断・治療を行うのは精神科や心療内科です。心療内科は内科の領域で、主にストレスが原因で身体症状が現れる自律神経失調症を含む心身症を対象とする診療科です。気になる体の症状を訴える患者に対し、内科と同じような治療を行いながら、心理的な面にもアプローチする科です。精神科に抵抗がある人や、体の症状が主で心の症状はあまり目立たないという場合は、心療内科を訪れてみると良いでしょう。病院の候補を決めたら次に注意すべきなのは通いやすかどうかという点です。症状が落ち着くまでは頻繁に治療に通う必要があります。どんなに評判の良い病院でも気軽に通えないのでは続きません。生活圏内にある通いやす病院を選びましょう。また、医師との相性もとても大切です。医師との関係は治療の結果にも影響を与えます。医師の話し方や、自分の話をどのようなスタンスで話を聞いてくれるのか、医師のアドバイスが自分に響くかどうか、などという点は治療においてとても大切な要素です。処方してくれる薬が合うかどうかということもあります。形式的な質問だけで、薬の処方や量が変わるのは不安が募るものです。自分に合った薬が見つかるまでは頻繁に処方を変えることもあります。そんな時に結果が出るまでその医師を信頼できるかどうかという点はとても重要だと言えるでしょう。うつ病は心の病気ですが、体の病気と同様、治療が遅れればそれだけ完治までに時間がかかります。つらい今の状態がうつ病だと診断され、治療が必要な状態であることがわかれば、治療を受けてみようと前向きになれるかもしれません。通いやすさや医師との相性をベースに病院を選び、うつ病の診断ができる専門医に1日も早く診てもらうようにしましょう。