【うつ病を早期発見】クリニックで診断を受けてみよう

うつ病の診断に関する基本

カウンセリング

医師の指示を守り毎日の生活を安定させる

うつ病は珍しい病気ではなく、現在では社会の理解も進んでいます。多くの人がかかる可能性のある病気で、誰にでもその可能性があるということも知られるようになったために、うつ病に関しての偏見も減ってきております。そのためうつ病と診断された場合には安心して治療に向き合うことに専念することをお勧めします。日常生活を安定的に過ごせるようにすることに重点を置いて、ストレスや肉体的な負荷を軽減しつつ、適切な服薬と医師からのアドバイスで回復につとめましょう。うつ病と診断される基準は気持ちの落ち込みによって悲観的となる傾向が長期間続くことや、不眠症によって何日も眠れない状況が続くこと、食欲が低下したり逆に以上に増加してしまうことなど、さまざまな判断ポイントがあります。それらの症状は休養によって軽減させることもできますが、医師の診断によって抗うつ薬が処方されることもあります。抗うつ薬を服用することによって気持ちの安定化が促進され、穏やかな気持になることが可能となり、より休養がしやすくなるものと考えて良いでしょう。また睡眠導入剤を服用し、夜に眠れなくなるという症状を軽減し睡眠時間をしっかり確保することが可能となります。睡眠をしっかり取ることができると、症状の回復も早くなる傾向にありますので、鬱病による不眠症を感じている方は必ずその旨を医師に伝えましょう。心療内科に通院を続ける場合には、医師に対して必ず自分の状況について言葉にして伝えていくということを意識しておくことが得策です。専門的な言葉でなく、あくまでも自分が感じている気持ちをありのまま伝えて診断を仰ぐということが大切です。例えば抗うつ薬を飲むことによって気持ちが楽になったということ、あるいはあまり変化が感じられなかったということは医師にとって重要な判断材料となります。それにより薬の量を調節したり、種類を変えて処方したりと、その患者さんの症状に合わせた抗うつ薬を見つけていくことができます。うつ病の治療ではその患者さんに合った薬が見つかるまでいろいろと飲み比べるということも一般的です。効果を確かめるためにも指示された通りの服用方法を守りましょう。その上で自分の中で気持ちがどう変化したのかを伝えていくということがベストです。また休養についても医師に指示された通り無理なことはしないで、生活の安定を第一と考えて過ごすことを実践しましょう。大きな環境の変化はうつ病の治療に対して妨げとなりますので、生活の安定を基本としてゆったりとした気持ちで過ごすことがおすすめです。