【うつ病を早期発見】クリニックで診断を受けてみよう

【うつ病を早期発見】クリニックで診断を受けてみよう

うつ病の診断に関する基本

カウンセリング

心療内科や精神科においてうつ病と診断された場合には、回復に向けの治療を実施していくことになります。うつ病はきちんと治療を受けることと医師の指示を守ることで回復することが可能ですので、正確な知識を知っておき治療に向き合いましょう。

More...

うつ病への向き合い方

男性

ストレス社会の影響でうつ病と診断される人が増えています。珍しい病気ではなく、どのような人でも発症する可能性がありますので、うつ病の特徴を知り、前向きに治療に専念することが重要です。

More...

うつ病の薬服用上の注意点

聴診器

飲み始めは副作用が出ることも

うつ病だと診断された後は、症状に合わせて治療が開始されます。治療は十分な休養と薬の服用という2本の柱で進められることが多く、場合によっては認知行動療法などもあわせて行われます。辛い症状に苦しんできた人も、いったんうつ病だと診断され、治療法が明確になればそれだけでも精神的に楽になるのではないでしょうか。治療中に注意すべきなのが薬の服用についてです。間違った判断をしないためにも、薬を服用する際の注意点について知っておきましょう。うつ病だと診断されると、薬を飲み始めることになりますが、抗うつ薬の飲み始めにはさまざまな症状が出やすいという特徴があります。現在よく使用されているSSRI、SNRI、NaSSAは、古くから使用されている三環系や四環系抗うつ薬に比べ副作用は少ないといわれていますが、飲み始めたばかりの頃は、吐き気やむかつきなどの副作用があらわれることがあります。これは薬によって胃が荒れているのではなく、脳の中の吐き気をコントロールする器官が刺激されること起こるものです。量によっては不安やイライラを感じやすくなることもありますし、パニック状態になるなどの症状があらわれることもあります。これらの症状は一過性のもので、医師に相談することで対応が可能です。また、薬を飲み始めたからと言って、すぐに症状が軽くなるわけではありません。ゆっくりと1段階ずつ良くなっていきます。飲み始めは効果があらわれないことに焦りを感じたり、副作用を心配したりして自己判断で治療をやめてしまう人もいますが、間違った判断をしないためにも、このような薬の特性を知っておきましょう。症状が安定してきた時にも注意が必要です。うつ病は症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら徐々に回復していきます。良くなっている時には薬の服用をやめたくなりますが、自分の判断で薬の量を調整したり、服用をやめたりしないようにしましょう。薬は飲み続けることが大切です。飲み忘れのないように気を付けながら気長に治療を継続する必要があります。服用をやめるときには、医師の診断のもと、数週間から数ヶ月かけてゆっくりと量を減らしていきます。自己判断で急にやめてしまうと、頭痛やめまい、手足のしびれや吐き気などの中止症状があらわれる場合があります。必ず、医師の指示に従って量を減らしていくようにしましょう。うつ病も他の病気と同じように、薬によって体の中の異常を修正す必要があります。抗うつ薬は、いろいろな特性があるため、医師の指示に従って正しく服用することが大切です。特に飲み始めは効果が出ないことへの焦りや、つらい副作用への不安などを感じることが多いですが、自己判断で量を減らしたりやめたりせずに、必ず医師に相談するようにしましょう。

うつ病は正しく治そう

看護師

うつ病かなと思ったら、心の病気を診断してくれる専門医のいる精神科や心療内科のある病院を受診しましょう。病院選びにおいて、通いやすさと医師との相性は最重要ポイントなので、この点を考慮して選ぶことも大切です。

More...

うつ病を知ろう

ハート

うつ病は現在社会において大きな社会問題の一つと言えます。原因がないのに、体調が悪い状態が続き、よく眠れなって食欲がなくなります。また、何かしようとしても気力が全くわかない等の症状が1カ月近く継続的に続けば、病院に行って診断が必要です。

More...