物件選びの際の留意点

資産運用で利用する不動産投資の失敗は不動産会社選びが大切です。収益が見込める物件選択が何より大切となります。

忘れがちな売却時期の想定

お金

不動産投資の物件を選定する際には、物件の購入費用などの調達コストや空室リスクを勘案した家賃収入、それらをトータルで試算した運用利回りといった事項を想定した上で投資物件を選定することが大原則です。また、多くの不動産投資のセミナーでもこのことは当然のこととして説明されます。しかし、不動産投資セミナーや不動産投資に関する書籍であまり触れられないのが、その投資物件をいつ、いくらで売るかについてです。しかし、この売却時期と売却価格の想定こそが不動産投資で失敗しないための重要な要素なのです。建物は時間の経過とともに劣化します。そして劣化を防いだとしても、建築技術は日々進歩しており、新しく建てられる建物ほどより質が高くなるために、古い物件の価値は相対的に落ちていきます。ですので、投資物件はいずれどこかのタイミングで借り手がつかなくなります。そしてそのような物件は土地の価値以外に売却する際に価値を持たない物件となってしまうのです。だからこそ投資物件はいつ頃、いくらくらいの価格で売却できるかについても考えた上で選定をしないと不動産投資が失敗に終わるリスクが大幅に高くなってしまうのです。

売却から逆算した試算

投資物件はその物件を売却する際に計算をしてみると、賃貸に出していた間の賃料収入の総額よりもその物件の売却額の方が高額になる可能性もあります。そういった性質のものだけに、売却時の売却額の資産を想定しておくことは不動産投資に失敗しないための最重要事項の一つともいえるのです。むしろ、不動産投資に失敗しないための投資物件の選定の順番としては、まずその物件を何年後にいくらくらいの売却額で売れるかを想定し、購入額と、その試算した将来の売却額の差がいくらかを算出し、その額よりもどれだけ多くの額を売却までの期間の中で賃料収入として獲得できるか、という手順で想定利回りを資産する方が現実的と言えるのです。勿論、将来の売却額の想定は容易なものではないですが、これまでの不動産の価値に関する多くのデータを参考に、そしてなるべく厳しく資産をする方が、確実性の高い不動産投資につながります。

投資の基本

不動産

超低金利時代が続き、将来的なインフレの可能性も指摘される中、株式や外貨などに投資して積極的な資産運用を図る個人が増えています。初心者は、投資対象の特徴や市場動向を十分理解したうえで、できるだけ余裕資金で行うことが重要です。

詳しくはこちら

今が最適です

グラフ

収益物件を持つならやはり大阪の中では街中に限ります駅が近くて周りにいろいろな買い物エリアがあるそして自分が働く職場にも近い車を持たずに電車で通えるまたは自転車で通勤ができるのが最適だと思われます。いちど大阪で収益物件を探してみても面白いのではないでしょうか。

詳しくはこちら

投資には勉強が必要です

グラフ

東京では非常に多くの不動産投資セミナーが開催されています。それらの中には無料で行われているものもありますから、不動産投資に興味があるのであれば、まずは一度参加をしてみるのが良いでしょう。不動産投資に関する様々な事を学ぶ事が出来ます。

詳しくはこちら